知育玩具のGEOFIX(ジオフィクス)(ジオシェイプス)
GEOFIX(ジオフィクス)の歴史

 1992年「GEOSHAPES(ジオシェイプス)」の名でオーストラリアで誕生 

1992年「GEOSHAPES(ジオシェイプス)」の名でオーストラリアで誕生

ジオフィクス(当時名:GEOSHAPES<ジオシェイプス>)は、図形と空間の概念を教える算数の教材として、1992年にオーストラリアで誕生しました。 このGEOSHAPES(ジオシェイプス)という教材を考案したのは、2人のオーストラリア人、ピーター・マドナー氏とジョン・ラングフォード氏です。彼らは機械工学専門のエンジニアで、1960年代からプラスチックを生産する工場を営んでいましたが、1990年代に、幾何学的デザインのプラスチック製の知育玩具、GEOSHAPES(ジオシェイプス)<※のちにジオフィクスと改名>をデザインしたことで、大きな転機が訪れます。

GEOSHAPES(ジオシェイプス)を開発したことは、私たちにとって本当に大きな出来事でした。この製品が我々の進むべき方向を示してくれたのです。私たちはその後、『楽しく遊べる算数の教材』をモットーに、たくさんの種類の知育玩具を生み出しています。(ピーター・マドナー氏)

 安全性に優れたGEOSHAPES(ジオシェイプス)は、教材として教育現場に広く普及 

安全性に優れたGEOSHAPES(ジオシェイプス)は、教材として教育現場に広く普及

GEOSHAPES(ジオシェイプス)は、耐久性と弾力性に優れたポリカーボネート樹脂を使用しています。その安全性は高く評価され、壊れにくい高品質の玩具・もしくは教材として、学校教育の現場はもとより、幼稚園や保育園でも広く愛用されています。

私たちの作る知育玩具は、すべてメルボルン(オーストラリアの都市)郊外の自社工場で生産されています。目に見える距離で製品の安全性を日々確認しながら生産することにより、私たち自身が納得できるハイスタンダード、高品質な製品を作ることができます。生産にかかわるすべての設備を自社で備えているからこそ、特殊な製品へのご要望にも応えていくことができるのです。(ピーター・マドナー氏)

 世界に広がるGEOSHAPES(ジオシェイプス) 

世界に広がるGEOSHAPES(ジオシェイプス)

GEOSHAPES(ジオシェイプス)は、アメリカやフランス・ドイツ・イギリスなどのヨーロッパ諸国、そしてアジアの教育先進国と言われる日本、韓国、シンガポールなど、世界十数カ国で幅広く親しまれています。
弊社(株式会社ジオジャパン)が設立され、教育業界や小売部門で広く販売されるようになりました。2010年1月、世界標準に合わせるため、日本における商品名も、GEOSHAPES(ジオシェイプス)から「GEOFIX(ジオフィクス)」に改名されました。

 教育者が語るGEOSHAPES(ジオシェイプス)の魅力 

教育者が語るGEOSHAPES(ジオシェイプス)の魅力

ブルーノ・ダモアー教授(イタリア・ボローニャ大学教授)
GEOSHAPES(ジオシェイプス)は、まったく素晴らしい発明です。
GEOSHAPES(ジオシェイプス)によって生徒達は自由にオブジェを構築することができます。彼等は与えられた建築学的、幾何学的問題に対して、楽しくそして自由闊達な考えで取り組み、その解答としてあるオブジェが出来上がると、今度はそれに対して数学的、そして芸術的見地の両方から考察することができるのです。
このプロセスは生徒にとっては満足感が得られますし、教訓的で実際の体験に基づいた考えの起点になります。算数の授業において、教える先生にとってもこの上ない素晴らしい励みになります。

 GEOSHAPES(ジオシェイプス)は、世界中の学校や幼稚園で使われています 

GEOSHAPES(ジオシェイプス)は、世界中の学校や幼稚園で使われています

オーストラリア
オーストラリアの数学教育学者・ダグ・ウィリアム氏が開発した数学プログラムにとりあげられており、オーストラリア・ビクトリア州の学校で一部採用されています。
日本
1995年より、多くの幼稚園・保育園や小学校・中学校でGEOSHAPES(ジオシェイプス)が使われています。
GEOSHAPES(ジオシェイプス)を算数の教材として授業に使った先生方からお褒めの言葉も数多くいただいております。
空間図形を生徒たちに分かりやすく実践的に教えるにあたって、GEOSHAPES(ジオシェイプス)は大変役立つようです。
また、企業での社員研修に用いられたり、老人施設などで脳の活性化を目的とした知育玩具として愛用していただくこともあります。